分譲

特集

【環境月間特集】省エネ性能で集客、分譲マンション、太陽光、戸別導入も登場、“自然の力”も積極活用

 住まいの環境対策は、これまで住宅メーカーが先行している感が強かったが、二酸化炭素(CO2)を削減する技術導入を不動産各社も積極化している。昨年4月に不動産協会が低炭素まちづくりアクションプランを示したことで各社とも取り組みを加速する。消費者もマンションや戸建住宅で省エネ性能の高さを購入する基準の一つとして重視する傾向が強い。  実際の取り組みを見ると、太陽のエネルギーや屋上・壁面を緑化するなど自 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日