地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、近代史の「なぜ?」

 第2次世界大戦の前後、中国においては蒋介石の方が毛沢東よりも軍事的に優勢で、当初、共産党軍は逃げ回っていました。共産軍は軍資金を捻出するためにアヘンの製造販売に手を染めていました。自国民をアヘン中毒にするようなことをしてまで戦わなければならないとしたら、何のための革命かという気もします。  蒋介石軍は確かに腐敗していたかもしれないけれど、国民党の方が中国本土を押さえていたならば、中国はもっと自由 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日