その他

連載

不動産オーナーのための、基礎からわかる資産形成、おきあい事務所置鮎謙治(5)、相続での生命保険、活用じわり狭まる

 相続税対策における「生命保険の活用」が活躍の場を狭められてきています。  すでに2010年度の改正で、年金保険を相続する際の評価額の圧縮が厳格化されています。  これまでは、現金を一時払いなどで年金形式の保険に換えておくだけで、場合によっては80%の評価減も可能であったことから、年金保険は相続税対策として大いに用いられてきました。  今年の4月からは、評価方法の改正によって評価額の圧縮が認められ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日