行政

その他

土地有効利用事業、8件155億円を譲渡、UR10年下期

 UR都市機構は、土地有効利用事業として10年度下期に7地区8件の計3万8332平方メートルの譲渡契約を締結したと発表した。譲渡契約総額は約155億円。大規模遊休地などをURが取得し、道路・公園の建設や敷地の整形・集約化し活用しやすい敷地に整備して、民間事業者に譲渡する。  今回は、葛飾区青戸七丁目(譲渡先は東栄住宅)、新宿区西新宿六丁目(住友不動産)、藤沢市辻堂神台一丁目(コープ神奈川)、新宿区 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日