その他

その他

【ひと】300年住宅普及・震災復興に注力する福永博建築研究所代表福永博(ふくながひろし)さん、社会貢献で企業価値が決まる

 福岡に根ざし、使う人や住む人の立場から設計を手掛けてきた。街づくりの視点で建築を捉え、福岡を代表するけやき通りや浄水通りの発展にも取り組み、景観や社会資産を作る長寿命化マンションの普及に使命感を持つ。代表を務める300年住宅コンソーシアムでは外配管システムに取り組み、外配管を採用した「ブライト・サンリヤン別府シールズ」(事業主・西日本鉄道、総戸数41戸)は、国交省の長期優良住宅先導的モデル事業で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日