開発, 分譲

その他

全国で環境分譲(スマートタウン)続々、愛知や神奈川で計画着手

 情報技術により創エネや省エネ・蓄エネを制御して地域の低炭素化を目指す「スマートタウン」の開発が相次ぐ。静岡・三島で静岡ガスが「エコライフスクエア三島きよずみ」(22戸)を供給。愛知県豊田市では、トヨタホームとトヨタすまいるライフが次世代住宅の実証住宅を販売する。神奈川県藤沢市ではパナソニックグループが市やデベロッパー、住宅メーカーなどと連携して大規模なスマートタウン開発を手掛ける。 ■地域丸ご ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日