行政, その他

その他

政府税調、流通税の二重回避要望、消費税10%へ検討開始

 政府税制調査会は7日再開し、消費税率の引き上げについて検討を本格化した。2015年度までに消費税率を10%まで段階的に引き上げるとした社会保障改革集中検討会議の改革案をたたき台に税制改革の方向をまとめる。週3回程度集中して開催し、今月20日までにまとめる。  消費税の逆進性・低所得者対策、国と地方の配分、目的税化、段階的な引き上げの是非などが焦点となる。逆進性緩和策としては、相続税の課税強化や高 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日