分譲, 賃貸管理, ハウス・住設

1面トップ

震災後のオール電化住宅、需要鈍化を危惧、電力不足が足かせに

 東日本大震災直後の停電と原子力発電所の停止による電力不足は、オール電化住宅でなくても、マンションでは給水ポンプが動かず断水してしまうなど、あらためて現在の住宅が電力に大きく頼っていることを認識させられた。電力不足は当分続くことが予想されることから、とくに影響が大きいというイメージがあるオール電化住宅は販売などに支障をきたすとの懸念も生じている。震災によるオール電化住宅ならではの問題・被害や販売物 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日