資格・試験

連載

宅建試験主要3分野過去問合格講座、2011年[基礎編]

■問題 <連帯債務> 【平8-4】AとBが、Cから土地を購入し、Cに対する代金債務については連帯して負担する契約を締結した場合で、AとBの共有持分及び代金債務の負担部分はそれぞれ1/2とする旨の約定があるときに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 (1)Cは、AとBに対して、同時に、それぞれ代金全額の支払いを請求することができる。 (2)Cが、Aに対し代金の支払いを ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月6日