住宅金融機構・都市機構

その他

UR千葉支社、印西牧の原「北」が始動、第1期戸建て200戸供給

 UR都市機構千葉地域支社千葉ニュータウン事業本部は5月31日に、印西牧の原駅北エリア140ヘクタールの開発についての構想と初期計画を発表した。  10月から入居開始の第1期は戸建て約200戸を供給。7月から積水ハイムが75戸を販売する。2期以降は現在、URは住宅メーカー各社と協議中だ。  緑地保全、街路緑化と低炭素型環境性能住宅と燃料電池、太陽光などでCO2削減を図るほか、子育ての安心と安全をテ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月6日