その他

連載

【ニュースの背景(うら)を読む】住宅メーカーの海外事業強化、中国市場に視線もリスクを覚悟

 住宅メーカーの海外事業強化が著しい。積水ハウスは北米で現地デベロッパーと組んで大規模開発を手掛けるほか、シンガポールでも約1400戸を開発する。大和ハウス工業は中国で新プロジェクトに着手した。積水化学工業住宅カンパニーやパナホームも海外事業強化の方針を打ち出している。  また、住友林業は4月に立ち上げた社長直轄の新部署で新たに進出する可能性のある国の調査を行う。まだ海外では事業を行っていないミサ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月6日