賃貸管理

その他

野村不動産大京三菱地所レジ、ストック事業、強化着々、管理会社が専有部サービス続々投入

 少子高齢化の進展に伴い新築分譲マンション開発に工夫が求められているなかで大手デベロッパー各社の系列分譲管理会社が相次いで新サービスを投入している。安定収益源の強化に加え、入居者の満足度を高めると同時に意見を集約、今後のマンション商品の改善につなげる考え。 ■「リビングQ」倍増、賃貸向けも開発、野村リビング  野村リビングサポートは、同社が管理するプラウドシリーズの分譲マンションに3年間の期限 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月6日