開発, 分譲, ハウス・住設

1面トップ

災害リスクに備え需要に変化、地震保険・地盤保証・蓄電池……、「安全・安心」さらに追求

 東日本大震災を契機に消費者ニーズに変化が起きている。割高感や優先順位の低さから後回しにされがちだった地震保険などのサービスが脚光を浴びる。また、計画停電への懸念からエネファームや太陽光発電システム、蓄電池への関心も高まりつつある。 ■保険付き分譲も登場  加入率が4割程度と言われる地震保険。保険料の割高感などから普及はなかなか進まなかったが地震を契機に見直す動きが出始めた。また最近では地震後 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月6日