その他

連載

不動産金融のチカラ(62)、澤田 考士、不動産証券化商品の実物的側面

 金融商品の価格は、投資家が将来キャッシュフローを獲得する権利の対価として投下する金額に相当する。よって、将来キャッシュフローをベースとする価格付けには一定の納得感がある。また、不動産証券化商品が他の金融商品と同じ土俵で評価されることで、市場取引を通じて、他の金融商品と比較した過度な割安感や割高感が是正され、価格が適正化されることも期待される。そして、金融市場における不動産証券化商品の価格調整の影 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月30日