不動産証券化

その他

証券化2.2兆円で22%増、国交省の10年度実態調査、ピーク比は4分の1の低水準

 国土交通省がまとめた10年度の不動産証券化実態調査によると、証券化された不動産の資産額は2兆1950億円だった。前年度よりも22%増えたが、ピークだった07年度(8兆8840億円)の4分の1の水準にとどまっている。証券化の件数は518件で前年度の275件の2倍近くになった。  Jリートや特定目的会社、GK-TKスキームのGK、不動産特定共同事業者など不動産証券化のビークル等が取得した不動産、信託 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月30日