開発, 分譲

その他

藤沢工場跡地の開発、環境住宅1000戸、パナソニックなど

 パナソニックは、神奈川県藤沢市の自社工場跡地で計画中の環境配慮型の住宅開発「スマートタウン構想」に、三井不動産やパナホーム、日本設計、住友信託銀行など8社が参画すると発表した。  パナソニック創業100年に当たる18年の全体完成を目標に、約19ヘクタールの敷地に太陽光発電と家庭用蓄電池を標準装備した住宅約1000戸を開発する。住宅にとどまらず、公園や道路沿い、公益施設といった公共空間にも太陽光パ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月30日