開発

その他

森ビル、テナント専有部の使用電力、時間・場所・用途別に把握

 森ビルは、オフィスビルや商業ビルに入居するテナントが、自社の「どのエリアの」「どういった用途に」「どの時間帯」どれぐらいの電力を使用しているかが把握できる「エネルギーWEBシステム」を開発した。同社の「愛宕グリーンヒルズMORIタワー」(東京都港区)で5月末から運用を始め、引き続き同社が管理・運営するビル約80棟(テナント数約1300)のうち大規模ビルを中心に導入を進める。来年度からは新しい省エ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月30日