賃貸管理

その他

【敷引有効判決】文化 企業・ひと、日管協が最高裁敷引有効判決で講座、カギは金額の記載、契約自体の判断には踏み込まず

 更新料や敷金返還など賃貸住宅契約における一時金に関する紛争が大きな問題となる中、最高裁判所は3月24日、敷引特約を有効とする初めての判決を出した。それまで下級裁判所では敷引特約については無効とする判決が相次いでいただけに今後、借り主側、貸し主側両者にとって大きな影響が出てくることが考えられる。そこで日本賃貸住宅管理協会は26日、江口正夫弁護士による「敷引特約に関する最高裁判決が賃貸管理業界に与え ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月30日