開発

その他

東日本大震災、オーナーの初動対応26%止まり、ビルディング企画テナント調査4分の3は避難案内なし

 オフィス仲介のビルディング企画は、テナント企業を対象に、東日本大震災発生時のビルオーナーの対応をヒアリング調査した。東日本各地のビルに入居している164テナントから回答を得た。  地震発生直後に館内放送などで「避難場所の案内・誘導」や「ビル内待機」といった何らかの対応や指示があったと答えたテナントは26%にとどまった。そのほとんどは大型ビル。エレベーター停止や余震といった混乱が続く中で、4分の3 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月30日