賃貸管理

その他

来期末管理戸数10万戸に、長谷工ライブネット・木下寛社長に聞く、稼働率93~95%を維持、今期、中部・福岡で管理増見込む

 賃貸マンションの管理受託やプロパティマネジメント(PM)などを行う長谷工ライブネット(木下寛社長)は、来期末に管理戸数10万戸超えを目指す。プロパティマネジメント(PM)受託は業者間でし烈な受託競争が続くが、価格競争ではなく高い稼働率を保つなど管理の質の高さで受託を増やす。木下寛社長に前期の業績と今期の計画を聞いた。(長嶺義隆記者)  ─2011年3月期の業績について  「売上高は対前期17億円 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月30日