開発, 団体

その他

夏の節電目標一律15%に修正、ビル協

 日本ビルヂング協会連合会は、電力不足に伴って東京電力と東北電力管内の会員社計約600社に対して作成を求めていた「節電のための緊急行動計画」について、節電目標を一律15%に修正した。4月の当初目標では、大口契約のビルは25%以上、小口契約は20%以上を求めていたが、政府が電力需要抑制目標を修正したことに対応した。両電力の管内にある会員社のビルは3316棟(うち東電管内2983棟)。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日