分譲

その他

震災後、浦安など即完、新日本建設2物件初の定借と外断熱

 新日本建設は、震災後の4月に発売した千葉県の分譲マンション「エクセレントアクイラ浦安ステーションアリーナ」37戸と、東京都品川区の「エクセレントシティ大森」26戸の2物件を、いずれも最高4倍の倍率で即日完売した。  浦安は同社初の60年間の定期借地権付きマンション。地元の大庄商店との共同事業。液状化の被害が大きかった海沿いの新浦安エリアに対して、東西線沿いの浦安エリアは被害がなく、地元居住者から ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日