その他

連載

先端を読む(198)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、”マンション不振”説の虚構、目立つ震災後のマスコミ誘導、実際は超高層も価格安定

 ゴールデンウィークが明けて、一気にテレビや新聞雑誌の取材が増えた。地震直後は、地震の専門家や原発関係、防災関係の専門家が大忙しだったが、2カ月が経ち、少し落ち着いてくると、住宅ジャーナリストの話も聞いてみようか、という気になるらしい。  しかしながら“お座敷”が多くなるのも善しあしで、なかには困ったご依頼もある。一番困るのは思い込み取材。あらかじめストーリーを想定し、ストーリーに合うコメントを取 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日