その他

連載

取引紛争の事例と解決(157)(財)不動産適正取引推進機構、貸室の汚れや隣室の騒音に貸主が対処せず、管理全般を怠り家賃を減額してもらいたい、賃借人の主張を棄却、損害が認められる証拠なし

 貸室の汚れや隣室の騒音など、多くの問題があるのに貸主が対処しません。貸主は建物管理の全般を怠っているので、家賃を減額してもらう必要があると考えています。(福田 衞次、47歳、会社員) ●苦情の内容  福田さん(以下「X」という)は、平成19年8月、「家賃10万3000円、敷金・礼金各1カ月」の条件で、Yからマンションの1室を借り受けました。しかし、3カ月分以上の家賃を滞納したため、Yが賃貸借契 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日