開発, 分譲

特集

【明日のマンション開発を考える特集】防災機能の重要性増す、震災後のマンション建て替え事業、地域貢献の機能整備、デベロッパーに相談相次ぐ事業化機運が拡大、住宅・不動産ジャーナリスト目黒孝一

 本格的なストック社会の到来を受け、デベロッパーの間では、マンション建て替え事業を柱の一つとして戦略的に捉えていく機運が高まっている。老朽化が進み、何らかの再生が必要な築30年以上のマンションは年々増え続けており、社会問題化の様相を呈し始めている。そうしたなか、東日本大震災の発生によってマンションに対する視線には、構造や防災といった側面からのものが強まった。  東日本大震災発生を機に、各地で建物の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日