開発, 分譲

特集

【明日のマンション開発を考える特集】東日本大震災後の商品企画、エネルギー・水・エレベーター運転…、ライフラインの関心高まる、風評被害・イメージ低下回復の工夫を、1次層で強まる“安心な住まい”、住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

 3月11日に起きた東日本大震災は、首都圏のマンション市況にも少なからぬ影響を及ぼした。直後の販売自粛、計画停電によるオール電化住宅への逆風……なによりもせっかく盛り上がっていた購入意欲を減退させる「マインドの低下」も大きな影響とみることができる。しかし、4月以降販売を再開した新築分譲マンションには人気物件も出ている。この人気物件と私の取材結果から今後の売れ筋予測、さらに今後の課題についての考察を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日