開発, 分譲

特集

【明日のマンション開発を考える特集】住宅需要には変化の兆し、消費者、リスク回避指向強める、首都圏、購入意欲衰えず

 東日本大震災は東北地方に甚大な被害をもたらした。茨城や千葉といった関東圏も損壊を受けた。東京圏では湾岸エリアで液状化現象が発生。業界では、震災前まで好調だったマンション販売の動向に一気に注目が集まった。だが、取り巻く社会環境が一変したものの、販売現場からは想定したほど影響を受けてないとの声が多く、関係者は胸をなで下ろす。各社とも4月中旬以降から本格化した販売の出足は堅調に推移している。 ■震災 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日