不動産流通・売買・仲介

その他

仲介実績、信託系そろって好調、法人、収益物件が寄与

 信託銀行系流通会社の2010年度仲介実績が出そろった。すべての会社が手数料収入を伸ばすなど市況の回復感があらわれた内容となった。  三菱UFJ不動産販売は、手数料収入が前年同期比18.6%増の104億4900万円と主要4社のうち最も大きい増加率を示した。1億円前後の小ぶりな収益物件や建て売り業者向けの土地紹介が年間を通じて好調だった。件数を重視したことで仲介件数、取扱高とも増えた。  富裕層に強 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日