不動産流通・売買・仲介

その他

震災後の住宅診断、簡易点検を手引き、さくら事務所

 東日本大震災後、住宅所有者や賃貸住宅の入居者からホームインスペクションに関する問い合わせが急増したさくら事務所は19日、住まいの被災状況を自分で点検する際のチェックポイントについてメディア向けの勉強会を開いた。  室内では、外壁にできたひび割れや配管故障によって天井に染みができたり、建物が傾いたためにドアやサッシが開閉しづらくなる。床下も外壁側に雨漏りなどの染みがある場合には地震の影響を受けた可 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日