不動産流通・売買・仲介, 賃貸管理

その他

新築・中古ワンルームと不動産投資商品どれにメリット?、高利回りは中古1R、新築は建物が長寿命、投資金額に格差、「不動産商品」は100万円からの設定も

 個人が比較的少額で不動産投資をしようとした場合、まず思いつくのはワンルームマンションだ。より少額投資が可能なJリートや上場不動産会社の株式も見方を変えれば不動産への投資だが、やはり株式投資。現物不動産に比べて換金性が高い一方、不動産市場のリスクにとどまらず、値動きが激しい証券市場のリスクも背負う。そこで、新築と中古のワンルームに、複数の投資家が共同で現物不動産に投資するスキームを持った投資商品で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日