その他

連載

不動産オーナーのための、基礎からわかる資産形成、おきあい事務所置鮎謙治、(2)、運用資金の配分は、“程よい”バランスで

 今回は、資産運用の重要な考え方である「ポートフォリオ」について考えてみましょう。  今年に入り、過去に売り出した個人向け国債が大量に償還を迎え、また、ゆうちょの定額貯金についても大量に満期を迎えることから、それらの償還資金、満期資金が次にどこへ向かうのかが注目されていました。  銀行や証券会社などは個人の手元に戻った資金を振り向けてもらおうと受け皿となる新たな投信を設定しました。もちろん、これら ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日