その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(845)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、保証金返還請求権が対象債権安定した賃貸運用で個人落札、買受人が負担する権利

 競売物件で買受人が取得後に引き受ける権利がある場合がある。一番代表的なものは、抵当権設定以前からの賃借権である。  この場合、物件明細書中の「買受人が負担する他人の権利」の欄に記載されることになる。賃借権が引き受けになれば、賃借人が所有者に預けていた敷金や保証金についての返還義務が買受人に承継されることになる。  ところで、4月26日開札において「買受人が負担する他人の権利」欄に保証金返還請求権 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日