行政

その他

住宅資材、供給量、おおむね回復、給湯器調達は困難続く

 林野、経済産業、国土交通、環境の4省庁がまとめた住宅建設資材の需給調査で、一部資材は震災前のレベルに戻っていないものの、供給面では総じて順調に回復していることが分かった。  合板は復興需要に応えるため全国の工場でフル生産を開始し、生産量は震災前の水準に回復した。流通段階でも納入時期が示されるなど供給不安は解消されつつある。ただ、一部の中小住宅事業者では、解消に向かっているものの納期の遅れが残って ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月23日