分譲

その他

長谷工アーベスト調査、住まいへの安心意識高まる、住宅購入55%が構造重視

 長谷工アーベストは、東日本大震災を受けて首都圏居住者に対し実施したアンケート「安全・安心に住まうことへの意識」をまとめた結果、9割が安全面に関する「意識が高まった」と回答した。4月4日~10日までウェブで実施し、有効回答は2660件だった。  同調査によると、「意識が非常に高まった」と「意識がやや高まった」のそれぞれが45%だった。とくに住宅購入を検討している人は「意識が非常に高まった」と回答し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月16日