不動産流通・売買・仲介

その他

仲介好調で、営業益6割増、東急リバブル決算

 東急リバブルの2011年3月期連結営業利益は、前年同期比59.3%増の51億7500万円だった。主力の売買仲介で取扱件数、売上高ともに前年を上回ったことに加え、販売受託事業で単価の高い大型の新築マンションが増えたことが増益要因。売上高は同6.9%増の557億7900万円。経常利益は同58.0%増の52億4400万円、最終利益は同82.5%増の31億8300万円だった。  今期の見通しについては、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月16日