その他

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、案外楽観、日本経済

 1989年の末に不動産のバブルが崩壊しているのに、他産業はまだまだイケイケドンドンでした。バブル崩壊が全産業に浸透するまでタイムラグがあるのを学んだのも、この時です。バブル崩壊がわかっているのに、買い込んだ不動産在庫を処分できた人とできなかった人がいます。その差はひと言で言えば「見切り」ができたかどうか。「見切り千両」とはよく言ったもので、人生において最も大切なことの一つに違いありません。  あ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月16日