その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(844)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、震災後も実需は必需品で堅調中古が今後は受け皿の中心に、一次取得者向けマンション

 東日本大震災は新築マンション市場に大きな影響を与えている。震災による復興需要や東北の工場へのダメージによって、建築資材の調達難が生じており、これにより建築工期や建設コストが読めない。これが、デベロッパーが新規プロジェクトに慎重になる背景である。  一方でマンションの需要は、とくに億ションなどのハイグレード物件ではなく、一次取得者向けの物件については、震災後も堅調のようだ。これは実需マンションが必 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月16日