地域業者

その他

賃貸住宅・オフィス市場、しぼむ大阪の震災特需、今後の拠点分散には期待感

 「ホテルは当面満室」「一般賃貸をマンスリーに転用」。震災直後に“にわか特需”に湧いた大阪の不動産市場。原発事故による一時避難に加え、東京に集中するビジネス機能を分散させリスク低減を図るなどといった動きが活発に見られた。震災から2カ月が経過し、特需は一時的なものでほぼ収束したと言える状況だが、東京に何かあったときのバックアップや、生産代替機能などの新たな需要に期待する声も聞こえてくる。  「ホテル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月16日