ハウス・住設

その他

住宅メーカーのGW集客動向、来場客の歩留まりアップ、耐震不安などで本格検討増える、西日本は震災前の勢い、関東・東京はいまだ厳しく、耐震ニーズ高まる、上期需要は堅調か

 東日本大震災を経て市場環境が大きく変化した中で迎えたゴールデンウィーク商戦は震災後の市場を占う意味でも注目度は高い。本格的に住宅購入を考えている高確度の来場者が多かったことが本紙が実施した住宅メーカーへのアンケート調査でわかった。政府支援策の期限切れも迫るなか、各社とも震災前の勢いにどれだけ戻せるかを慎重に見据える。  今年のGW来場者数は、それぞれの会社やエリアごとにばらつきが見られ、傾向をつ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月16日