開発, 分譲, 不動産流通・売買・仲介

1面トップ

分譲事業が業績けん引、ビル補い軒並み営業増益、2011年3月期決算

 主な住宅・不動産会社の2011年3月期連結決算がほぼ出そろった。諸政策と低金利を追い風に昨年から分譲マンション販売が好調に推移したことを受け、営業増益を確保した会社が多いのが特徴だ。だが東日本大震災による消費者の住宅購入マインドの低下懸念や、福島原発事故に伴う電力不足がビル事業に与える影響も少なくないと判断し、今期(12年3月期)業績の見通しは保守的に見積もった傾向が強い。大手業績からマーケット ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月16日