その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(7)、賃貸住宅で賃借人以外の居住者が自殺すると…、賃借人と保証人にも賠償責任認める(東京地判22・9・2)

【問題の所在】  賃貸人としては、貸している部屋で自殺者が出ると大変である。その部屋はしばらく貸せないか、賃料を大幅に減額しないと借りる者がいないことになる。賃借人自ら自殺した場合は比較的簡明である。賃借人が管理義務を持つのは当然のことなので、賃借人は賠償義務を負い、それを相続人が承継する。  しかし、賃借人の家族や従業員が自殺したときは難しい。賃借人が「自殺をさせない賃借上の義務」を負うかについ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月9日