行政

その他

災害復興融資の金利引下げなど、震災関連融資を拡充

 住宅金融支援機構は、災害復興住宅融資の金利引下げや災害復興宅地融資の新設など震災融資関連制度を拡充した。  災害復興住宅融資(建設・購入)は当初5年間の金利を0%にし、以降10年目までは申し込み時点の金利から0.53%引き下げる。補修の場合は当初5年間の金利を1%にする。  現行3年(最長)の元金据置期間は、5年に延長する。  被災から2年以内となっている申込期間は、15年度末まで延長。建築制限 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月9日