賃貸管理

その他

来店数増加、客単価も上昇、キャンペーンと付帯サービスが奏功、アパマンネットワーク・川森社長に聞く、震災直後は反響減も、3月下旬には回復、ローコストでの出店も、可能なFC展開も検討

 アパマンショップネットワークは一昨年来からのキャンペーン戦略が功を奏し、問い合わせおよび来店数が増加している。東日本大震災に対してもいち早く対応し、支援物資の配給や被災者用住宅の確保、行政と連携しての入居スキームづくりに務めている。川森敬史社長に話を聞いた。  (長嶺義隆記者)  ─春の繁忙期の結果について  「東日本大震災があったにもかかわらず、昨年よりも問い合わせ数は増えた。震災直後は減った ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年5月9日