その他

特集

東日本大震災、残る大きな爪痕

 本紙の東日本大震災特別取材チームは17~19日、現地取材に入った。宮城県石巻市、仙台市などごく一部地域の取材しかできなかったが、今なお大きな爪痕が残っている現状を目の当たりにした。地震による建物の倒壊は旧耐震など一部に限られ、軽微な被害はあったものの新耐震建築物の安全性は証明されたとも言える。ただ、津波と、それによって流された建物や船の直撃を受ければ、ひとたまりもない。専門紙の立場から現地の状況 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年4月25日