行政

その他

復興構想検討部会が初会合、復興特区創設で、地域の裁量拡大、新たな都市構造も

 政府の「東日本大震災復興構想会議」(議長・五百旗頭いおきべ真防衛大学校長)の下に設置した「検討部会」(部会長・飯尾潤政策研究大学院大教授)は20日に開いた初会合で構想会議で五百旗頭氏の提起した「震災復興税」の具体案などを検討課題とする方針を確認した。5月上旬にも検討成果を構想会議に報告。その後も専門的な検討を重ね、6月末にまとまる構想会議の提言に反映する。  飯尾部会長は、地震・津波による巨大災 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年4月25日