行政

その他

担保評価を弾力化、震災対応で金融庁

 金融庁は、金融検査マニュアルに特例を設け、担保物権の評価を弾力化する。期末決算日を基準日とする物件評価が基本だが、再評価が困難な担保物権は注記することによって、それまでに把握していた情報による評価を認める。  震災に関連した計画停電や原材料調達困難といった影響で財務状況が一時的に悪化している債務者の、債務者区分を引き下げなくても良いことを明確化し、貸し渋りを防ぐ。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年4月18日