統計・データ

その他

住宅用地完成面積調査、造成面積は総量で3割減少、1件当たりの面積は拡大、種類別完成面積の推移、地域別完成面積の推移

 国土交通省が3月31日にまとめた09年度の住宅用地完成面積調査によると、09年度の完成面積は08年度に比べ30.4%少ない2428万平方メートルとなった。10年ぶりに増加した前回調査から一転し、大幅な減少となった。  1万平方メートル以上の一団地の住宅用地が27.6%減少し1126万4000平方メートル。小規模開発の住宅用地は30.9%減と大幅に減少し1158万2000平方メートルだった。全体の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年4月4日