不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】流通TOPICS、住生活基本計画見直しへ、中古瑕疵保険の加入状況など追加

 国土交通省は、住生活基本計画(全国計画)の見直しを進めている。人口減少や世帯人数の減少、伸び悩む住宅取得者の年収、空家率の増加などの環境変化を踏まえて政策課題に対応する。社会資本整備審議会住宅宅地分科会(分科会長・越澤明北海道大学大学院教授)で課題を整理。都道府県や一般からの意見を聞き、2月にも計画案を策定。3月の閣議決定をめざす。  06年に策定した現在の住生活基本計画は、2015年までの10 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年12月20日