不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】2010年の競売市場、任売活況で市場再び縮小

 リーマンショック後に急拡大した競売市場に変化が出てきた。任意売却の活況と中小企業金融円滑化法の施行によって開札物件が減少傾向にある。2010年上期の競売市場と今後の動向を見る。  1998年に1万2000件を超えていた東京地裁の競売開札件数は、バブルの後始末が進むとともに減少を続け、ファンドマネーの流入で不動産価格が上昇した2006年~2007年には年3000件程度にまで縮小した。  東京地裁と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年12月20日