その他

連載

地域を訪ねて 顔・会社(122)、木の文不動産・春木 剛史さん、80年のブランドを守る

 多くの人が行き交う高円寺駅北口。そこから数分のところに事務所を構える。  木きの文ぶん不動産は、社長の兄が経営する建設会社の不動産部として79年に発足。99年に分離独立した。現在賃貸・管理が事業のほとんどを占めている。  創業から31年。高円寺の地で事業を継続できたのは「木の文」という名前の持つブランド力だという。  元々「木の文」は社長の親が経営していた材木会社の名前。現在その材木会社は無いが ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年12月13日